2012年04月01日

大風の影響

F-note604.jpg いや〜、すごい風でした。おかげで撮影会は順延になるし、たまった洗濯物はそのままだし・・・遅れてきた春一番ですかね。
 正確には立春から春分までに吹く強い南風、ということなので、昨日の大風は春一番ではないということになるのですが、今年初めて吹く強い南風には違いありません。農園は播種したばかりで寒冷紗は掛けているし、何の心配もないと高をくくっていたのです。ところが、今日、様子を見に行って驚きました。寒冷紗が外れているのは想定内でしたが、まいた種が露出していたのです。
 軽く覆土、とはいうものの数ミリは覆土したはず、それがことごとく風にはがされ、沢山の種子が地面の上にポツンと・・・。慌ててホウレンソウは指で押し込み、小松菜は改めて細かくした畠土を上から撒いて覆土しました。どれだけの種が飛ばされたかは・・・見当もつかないのです。この二種はまだ分かりやすく状況が目に見えますが、問題はネギ、種が細かく、その上コーティングもされていない炭のかけらのような種、これはいったいどうなっているのか・・・見当もつかないのです。生えてくれよ〜ネギ。こんなの初めて(汗)
posted by 怪カメ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 農園日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54764319
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック